【日野市 肩こり】肩こりと足のバランスの関係は?

query_builder 2021/05/22
ブログ
足の裏

皆様おはようございます!


日野市の多摩平にあります多摩平バランス整骨院の野原です。


今日は肩こりと足のバランスの関係です。


足の長さの差と肩こりの関係




自分の足の長さに左右差を感じたことはないですか?


この脚の長さの差を脚長差といいます。


日常生活において特に支障を感じなければ、足の長さの左右差に気が付くこともないかもしれません。


脚を組む癖があるとか、カバンを必ず右にかけて通勤するといった偏った習慣が日常生活には少なからずありますよね。


その偏った癖が姿勢のバランスに影響して足の長さの差(脚長差)が大きくなってしまうことがあります。


それの何が問題になるかというと、足の長さの左右差が大きくなると、地面に足をついた時に短い脚の方に体重がかかり上体が傾くため 骨盤の歪みが酷くなります。


この骨盤の歪みにより関節や筋肉への負担がより大きくなります。


更には、頭と首のつなぎ目にある頸椎の関節への負担も大きくなり、これも肩こりの大きな原因となります。


頭と首のつなぎ目の関節に岩寄が行くことで、首の筋肉が張り、首から肩にかけての肩こりも強まります。


また、体のバランスが崩れることで肩の力を抜くといったリラックス状態への切り替えもうまくいかなくなります。


そのため、両肩が力みやすくなるうえに、体は休まらず、疲れやすくなってしまいます。


つまり足の長さの違いによって、何もしなくても肩の凝りやすい状態になっているということなのです。



足裏をチェック



足の裏をよく見ると皮膚の一部が分厚く(タコ)なっている場合があります。


これは体重による負荷に偏りが生じることで重心の位置がズレるため、 足裏の皮膚が部分的に分厚く硬くなりできるものです。


また、靴の中で指が当たり指の皮膚の一部が硬くなることもあります。


靴の裏のすり減り方を見てみるのも分かりやすいです。


硬くなった部分の皮膚は神経が鈍感になります。


人が歩くときは足に指にもしっかり力が入らなくてはならないのですが、神経の働きが鈍っているとなかなかうまく指が動かなくなってきます。


もしかしたら、自分でも気づかないうちにいつも鈍った状態で過ごしているかもしれません。


このような状態では、足首を動かす役割のふくらはぎの筋肉に負担がかかり続け、足首をスムーズに動かすことが出来なくなります。



ふくらはぎ部分が凝り始めると、重心のズレ方が複雑化し、結果的に頭を支える首の筋肉の緊張を生むことになります。


つまり、足首が原因になり、肩こりへと繋がっていくのです。


もしも、平地でつまずいたり、スリッパが脱げやすくなったりしたら、要注意です。足首に問題があるサインかもしれません。


また、膝が痛いという方も注意が必要です。


前後の太ももの筋肉は相互にバランスを保ち姿勢や動作を安定させています。


ですが、太ももの冷えや疲労によって、筋肉の緊張度合いが変化すると、膝に負担がかかり、 膝の不調を訴えつつ、そのアンバランスの影響が頭部や頚部にコリとして現れることも多いです。


膝の治療をしたら首・肩が楽になったケースもたくさんあります。 歩くときには、足のつま先を上げる筋肉、膝を曲げる筋肉、腰を曲げる筋肉が力を合わせて働いています。


どこかに問題があると、たちまち背骨が土台としてのバランスを崩し、肩こりの原因となるので 肩こりで悩んでいる方は、お身体全体のバランスをチェックしてみましょう。


当院では、筋膜リリースと骨盤調整、骨格調整によりお身体全体のバランスを整えていきます。


局所の痛みだけでなく全体を整えるので、お身体全体のパフォーマンスが上がっていきます。


気になる方はお電話を!

NEW

  • 【日野市 腰痛】初めての方へ

    query_builder 2021/09/10
  • 【日野市 腰痛】全集中で腰痛予防!

    query_builder 2021/01/12
  • 【日野市 腰痛】腰痛予防に注意することは?

    query_builder 2021/05/09
  • 【日野市 腰痛】腰痛予防に正しい姿勢をとりましょう!

    query_builder 2021/08/17
  • 【日野市 腰痛】腰痛予防に体重管理を!

    query_builder 2021/01/04

CATEGORY

ARCHIVE