日野市の整骨院でロコモ予防

query_builder 2020/11/21
ブログ
日野市の整骨院でロコモ対策

皆様こんばんは!


日野市多摩平の多摩平バランス整骨院の野原です。


今日から3連休ですね。皆様どのようにお過ごしでしょうか?


今日は「ロコモティブシンドローム」についてです。


聞いたこともある方がいらっしゃると思いますが困っている方は多いです。


ロコモティブは英語で「運動の、移動力のある」という意味です。


ロコモティブシンドロームとは、


骨、関節、筋肉、神経など運動や移動に係る運動器の機能が衰え始め、要介護のリスクが高まり始めた状態から 歩行困難になり要支援、要介護になった状態」まで広く含みます。


運動器とは、座る、立つ、歩くなどの身体運動にかかわる骨、筋肉、関節、神経などの総称です。

 

機能で大きく分けると、骨などの支えるもの、筋肉や神経などの骨を動かすもの、関節、軟骨、椎間板などの動く部分に必要な物から成り立っています。


それらが連携連動して動くので、どれか一つが欠けても身体はうまく動きません。


ロコモティブシンドローム予備軍まで含めると40歳以上のロコモ人口は推定4700万人、日本人の人口の約4割と、極めて多い状態です。


ロコモの主な原因としては


①関節・椎間板の変性

②骨の脆弱化

③筋肉・神経の機能低下 があり、

「運動器は互いに関連、連携している」


からなのです。


例えば、関節や椎間板の変性が起こると、可動域が制限され、関節周囲の筋肉の萎縮の原因になります。


関節周囲の筋肉の萎縮が起これば、関節の安定性も低下し関節障害の原因になり腰痛や肩の痛み、膝の痛みが出やすくなります。


関節障害が起これば、運動不足になってしまい骨に影響が出て来ます。


このように関節、筋肉、神経、骨は1つのネットワークを構成していて、どれか1つでも機能が低下すると歩行などに影響が出てしまいます。


症状としては

①脊椎や関節の痛み 

②体の可動域の制限 

③筋力の低下 

④バランス能力の低下などがあります。


例えば「最近、腰や膝が痛む」「歩いていてつまづきやすくなった」などはロコモティブシンドロームの始まりと言っていいでしょう。


予防策としてはやはり運動です。

ウォーキングやスクワット、ストレッチが良いとされてます。



また個別の予防策もあります。


「骨」の予防

・年をとってから増やすの困難。ある程度の維持は可能です。

・骨の形成には栄養(ビタミンD、ビタミンKやカルシウム)、

 ホルモンの働き(十分な睡眠)

・メカニカルストレスをかける


「筋肉」の予防

・新しく入れ替わるのが早い

・筋肉は付きやすいが落ちるのも早い

・負荷が大きいほど効果が高い

・筋力が増加するとバランス力もアップする


「関節軟骨・椎間板」の予防

・年齢とともに変性・衰える

・一度傷むと回復しづらい。

・適度に使うことが必要

・肥満・姿勢に注意


お身体の状態が良くないと、運動時に余計な負担がかかってしまいます。


関節を痛める可能性もあります。


ロコモティブシンドローム対策には、まずご自身のお身体を整えましょう!


正しいお身体で運動することで、関節の負担を減らすことができ、筋力アップも効果的にできます。


筋肉のバランスを整え、骨格調整、骨盤調整でお身体全体のバランスを整えて、ロコモ予防をしてみませんか?




NEW

  • 腰痛予防・日常生活での注意点その2

    query_builder 2020/11/25
  • 腰痛予防・日常生活での注意点1

    query_builder 2020/11/24
  • 日野市の整骨院で産後骨盤調整

    query_builder 2020/11/22
  • 日野市の整骨院でロコモ予防

    query_builder 2020/11/21
  • 日野市の整骨院で冷え改善

    query_builder 2020/11/20

CATEGORY

ARCHIVE