~日野市の多摩平バランス整骨院~【受付うずまきのつれづれ日記】

query_builder 2020/08/28
つれづれ日記
渦巻

【受付うずまきのつれづれ日記】サブタイトル:夢の国③

当院HPにお越しの皆様、こんにちは!
受付を担当させていただいております、うずまきと申します。

先日の続きでございます。

さて帰宅という事で、運転イヤだわ~と内心思いましたが来たからには帰るしかないです。
でも、A姉さん曰く:「帰り道は難しいところはないから大丈夫だよ~」
ホッ、良かった。

A姉さん:「また誘導するからね!」
ワテクシ:「銀座方面に向かえばいいんだよね。」
A姉さん:「ひたすら真っすぐで良いから。」

レインボーブリッジを渡って、ずんずん進みます。
あれ? 銀座方面通り過ぎたけど?

ワテクシ:「良いの?」
A姉さん:「通り過ぎちゃったね。でも大丈夫! 首都高はどこかでつながってるから、戻れるから。」
ホント? 行きの事があるからちょっと不安です。

ワテクシ:「Aさん、次で降りるよ。ルート検索してから乗りなおそうよ。」
A姉さん:「このままで大丈夫。大丈夫だけど、ちょっと思い出させて。」
A姉さん、しばらくこめかみに指をあてたまま動きません。
その間に車はまっすぐどんどん進みます。いつまで? どこまで?

A姉さん:「うずまき、やっぱダメだわ。次で降りよう。」
ワテクシ:「ラジャ!」
だよね。
だってこの先 ”ベイブリッジ” の表示が見えましたもの。

全く土地勘のないトンチンカンなうずまきは、こんな遅い時間にどこに向かってしまうのかと、不安でいっぱい。
不覚にも胸はドキドキ、膝はガクガク。
これは夢? どこからが夢? 夢の国に行ったのも夢?

とりあえず降りたところは ”大師” (川崎大師)
こんな知らない所に知らないうちに来てしまった。
なんだかあたりは真っ暗で人影が全くありません。
一人なら泣いちゃってたかも…

A姉さんと一緒に大師様の方向に向かって
「無事に帰れますように!」とお祈りをしながら再び高速道路へ。

どこをどう通ったのか全く覚えておりませんが、”中央道” の文字が見えたときはどんなに安心したことか!

自宅に到着したのは午前2時。
道をキチンと把握するのはドライバーとして必須であったと猛省しました。
その後は、ワテクシの運転で夢の国へ参る事は二度とございませんでした。

NEW

  • 整骨院で保険適応になる症状

    query_builder 2022/12/01
  • 整骨院に行くときはどんな服装がいいの?【日野市 整骨院】

    query_builder 2022/11/15
  • 整骨院の選び方のポイント【日野市 整骨院】

    query_builder 2022/11/01
  • 整骨院で施術を受けるのは産後いつからがいいの?【日野市 整骨院】

    query_builder 2022/10/15
  • 交通事故にあった時の整骨院の利用の仕方【日野市 整骨院】

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE